出産内祝い

出産内祝い

出産内祝いに名前詩のギフトはいかがでしょうか?
お子様の名前入りポエムで世界で一つだけの贈り物に。
お子様の写真を入れることができる商品やお子様の似顔絵を添えた商品もございます。
種類やカラーバリエーションも豊富なので、あなただけの贈り物がきっと見つかります。

おすすめ商品
商品一覧

お届けまでの流れ

出産内祝いのまめ知識

出産内祝いに贈るギフト選びのポイント

(1) 相手の趣味や好みに合わせたものにする

出産内祝いのギフトはおしゃれなだけでなく、相手の趣味や好みに合わせて選ぶことが大切です。
センスがよいギフトを贈っても、好みでなければ使用していただけないかもしれません。
相手が好きなものを考えて選ぶと喜ばれやすいでしょう。
相手の年齢や好きなブランドを考慮したアイテムを選ぶという方法もあります。

インテリア系の小物は長く使うことも考えて、流行りものよりも定番のデザインがおすすめです。

(2) 好みがあまりわからない場合は消えものにする

普段からあまり交流がなく、相手の好みがわからない場合は消えものを選ぶとよいでしょう。
「消えもの」とは食べものや飲みもののほか、洗剤やタオルといった消耗品のことを指します。
使うとなくなるため置き場所や処分に困りにくく、相手に喜ばれやすいでしょう。

(3) 定番のギフトから検討してみる

ギフト選びに迷った際は、スイーツやタオルといった定番のギフトから検討してみるのもおすすめです。気軽に消費できて実用的なため人気が高く、受け取った方に喜ばれやすいでしょう。

有志一同として職場の複数の方に出産祝いをいただいた場合には、複数人でわけられる個包装のスイーツを贈るのもおすすめです。
味や種類が異なるものを詰め合わせたアラカルトであれば、嗜好が違ってもより多くの方に食べてもらえます。

子どものいるご家庭にタオルを贈るのであれば、肌に優しいオーガニックコットンの素材を選ぶと喜ばれやすいでしょう。

(4) 写真入りギフトは親しい親族だけにする

赤ちゃんの写真入りギフトは両親や祖父母といった親しい間柄だけに留め、友人やあまり交流のない親族は避けたほうが無難です。
結婚、出産に関しては人によって価値観が違うため、写真入りのギフトが喜ばれないこともあります。

赤ちゃんの誕生を報告するということであれば、写真入りギフトではなくメッセージカードに写真を載せるのもおすすめです。
感謝の気持ちを文章で伝えやすく、相手との関係に応じて写真や文面を変えられます。

(5) 縁起が悪いものは避ける

出産内祝いでは、縁起が悪いことをイメージするギフトは避けましょう。
例えば、ナイフやハサミ、カッターといった刃物は「縁を切る」として縁起が悪いとされています。
櫛(くし)は「苦しむこと」や「死ぬこと」を連想するため避けたほうが無難です。
4は「死」、9は「苦」と考えられることからギフトを選ぶときは個数にも気を付けましょう。
また、弔事の贈りものと慶事の贈りものの違いにも注意が必要です。
塩や日本茶は弔事の贈りものとしてよく用いるため、出産内祝いには向いていません。

商品の特徴・テイストで選ぶ

商品の特徴・テイストで選ぶ

予算で選ぶ

予算で選ぶ

ページの先頭へ