ブライダル 引出物・内祝い・プチギフト

ブライダル 引出物・内祝い・プチギフト

大切なゲストへの引出物・内祝い・プチギフト。
新郎新婦からゲスト一人ひとりへ、お名前ポエムのサプライズはいかがですか?
インスタ映えするデザインで、話題になること間違いなし!
種類やカラーバリエーションも豊富なので、相手に合わせた引出物を贈ることができます。
結婚内祝いとしてもきっと驚かれます。

おすすめ商品
商品一覧
12ページ中1ページ12345...10...最後 »

お届けまでの流れ

ブライダル 引出物・内祝い・プチギフトのまめ知識

(1) 引き出物

「引き出物」とは、新郎新婦や両家から、披露宴の出席者へ贈る記念品のことです。
引き出物は、もともとは披露宴で提供された料理の一部を包んで、お土産として持って帰ってもらっていたようです。
しかし、現在の引き出物は、お土産というよりも「披露宴の記念品」「頂いたお祝いへのお礼」という意味合いが強くなっています。
食器やタオルなどの実用品や自由に選べるカタログギフトなど、引き出物として選ばれる品物はさまざまです。
また、贈る相手によって品物を贈り分けることもあります。
引き出物は披露宴が始まる前に、前もってホテルスタッフが各席の足元に配っておき、ゲストが各自持って帰るという渡し方が一般的ですが、最近では、ゲストの負担を軽くするために引き出物の郵送サービスを利用する場合もあります。

(2) プチギフト

「プチギフト」とは、披露宴に来てくれたゲストへ、「来てくれてありがとう」の気持ちを込めて贈るささやかなプレゼントです。
ひとつ数百円程度の予算で、ちょっとしたお菓子や小物を贈るのが定番です。
感謝の気持ちを伝える言葉や、新居の住所を記したメッセージカードを添えると、より気持ちが伝わ流でしょう。
渡すタイミングに決まりはありませんが、披露宴後のお見送りで渡す人が多いようです。
他にも、お色直し入場後のテーブルラウンドの際や、披露宴が始まる前のお出迎えシーンで渡すという人もいます。

(3) 結婚内祝い

「内祝い」とは、もともとは幸せをみんなで分かち合うという意味で、身内に祝い事があった時に「幸せのおすそ分け」として、親族や近所の人へ贈る贈り物のことです。
「結婚内祝い」は、その名のとおり結婚という祝い事があったときに贈ります。
ただ現代では、「幸せのおすそ分け」というより、結婚祝いを頂いたけれど披露宴に招待できなかったり、欠席した人へ贈る「お祝いに対してのお礼の品」という意味が強くなっています。
お祝いを頂いた相手との関係性にもよりますが、一般的には頂いた金額の半額~3分の1を予算に、お礼の品物を贈ります。
内祝いはお祝いを頂いてから1ヶ月以内、結婚式をする場合は結婚式から1ヶ月以内に贈るのがマナーです。

商品の特徴・テイストで選ぶ

商品の特徴・テイストで選ぶ

予算で選ぶ

予算で選ぶ

ページの先頭へ