2021年父の日限定ギフト

2021年父の日限定ギフト

ネームインポエムの2021年父の日限定ギフト!

父の日の贈り物として人気のお酒からシューケアセットまで、ここでしか買えない幅広い名前ポエム商品をご用意いたしました。

父の日は、とっておきの名前詩ギフトをプレゼントして、日頃の感謝を伝えてみませんか?

数量限定の商品もございますので、ご注文はお早めに!

※麦焼酎・芋焼酎のアルコール度数は25度となります。
商品一覧

ネームインポエムの父の日ギフト

ネームインポエムでは、この他にも父の日ギフト商品を多数取り揃えております。
商品をご覧になる方は以下のバナーをクリック!


ネームインポエムの父の日ギフト

お届けまでの流れ

父の日のまめ知識

父の日の色とは?

毎年6月の第3日曜日は、大切なお父さんに日頃の感謝の気持ちを伝える「父の日」ですが、父の日のカラーは「黄色」といわれています。

「父の日」の起源

「父の日」は、アメリカのジョン・ブルース・ドットという方が「母の日があるのに、父に感謝する父の日がないのはおかしい」という嘆願を牧師協会に行ったことが起源といわれています。
その後、1916年にアメリカ合衆国第28代大統領ウッドロー・ウイルソンが、父の日の演説を行ったことによって、「父の日」はアメリカ全土に認知されました。
そして、1966年に6月の第3日曜日が正式に「父の日」と制定され、1972年にアメリカの国民の祝日となりました。

日本での「父の日」の認知拡大

日本での「父の日」に対する認知は、1981年に社団法人日本メンズファッション協会が設立した「日本ファーザーズ・デイ委員会」と、同協会による「父の日 黄色いリボンキャンペーン」によって拡大しました。
「黄色いリボンキャンペーン」は現在も続いています。

父の日と黄色

父の日のイメージカラーが「黄色」というイメージが広がったのは、「日本ファーザーズ・デイ委員会」が始めた「父の日 黄色いリボンキャンペーン」がきっかけです。
「日本ファーザーズ・デイ委員会」は父の日のイメージカラーに、「うれしさ・楽しさ・暖かさ・幸せ・富貴・希望・向上」などのイメージを持つ黄色を取り入れました。
これにより、「父の日のイメージカラーは黄色である」という認知が日本で拡大しました。

父の日とロイヤルブルー

黄色と濃い青(ロイヤルブルー)は非常に相性のいい色の組み合わせです。
実際に「日本ファーザーズ・デイ委員会」にも黄色とロイヤルブルーの組み合わせが採用されています。
黄色と補色であるロイヤルブルーを組み合わせることで、黄色がより鮮やかになり、全体の印象も引き締まりますので、父の日ギフトの組み合わせカラーとしてオススメです。

商品の特徴・テイストで選ぶ

商品の特徴・テイストで選ぶ

予算で選ぶ

予算で選ぶ

ページの先頭へ