結婚祝い(ブライダルギフト)

結婚祝い(ブライダルギフト)

「結婚おめでとう」の気持ちを伝える、お名前ポエムの贈り物。
友達・知人の結婚式に素敵な結婚祝いのプレゼントを贈りませんか?
新郎・新婦の名前入りポエムですので、2人の新しい門出を祝うのにピッタリです!
また、種類やカラーも豊富ですので、最適なギフトがきっと見つかります。
金婚式・銀婚式のプレゼントにもおすすめです。

おすすめ商品
商品一覧
16ページ中1ページ12345...10...最後 »

お届けまでの流れ

結婚祝い(ブライダルギフト)のまめ知識

結婚祝いギフトのポイントとマナー

結婚祝いプレゼントのポイントやマナーなどについてご紹介します。幸せでいっぱいの相手にぴったりの品物を贈って、さらに喜んでいただきましょう♪

<結婚祝いを送るタイミング>

結婚祝いを送るタイミングは、挙式の1~2カ月前から遅くとも式の1週間前までに送るようにするのが一般的なマナーとなっています。
ただ、親戚や目上の方が相手で形式を重んじる場合は、吉日の午前中に持参する方が間違いがありません。
また、結婚の知らせを後で知った場合は、相手に一言伝えてから送り届けるようにしましょう。
直接自宅まで持って行くことができず宅配便などで送る場合は、品物だけではなくお祝いのメッセージを同封したり、改めて手紙でお祝いのメッセージを伝えるようにすると喜んでもらえます。
お祝いの品物が挙式当日に間に合わないからと言って挙式当日に持参することは、手荷物を増やしてしまうなどかえって相手のご迷惑になることもあるので、控えるようにした方がよいでしょう。

<結婚祝いの予算は?>

結婚祝いの品物の予算は、披露宴に出席しない場合、ご祝儀の3割程度の額の品物を贈るようにします。
品物を贈る場合の予算は、職場の同僚だったら5000円程度、親しい友達だったら1万円程度が目安となります。
最近は、海外で挙式をするカップルや披露宴を行わないカップルも増えてきています。
そのようなケースで披露宴に出席しない場合も、お祝いの品物を贈るようにするとよいでしょう。
結婚祝いとして贈る品物は、仲が良い友達であればどんなものがほしいか直接聞いてみるのもよいでしょう。
結婚後の新生活で使えるものをもらえれば、とてもうれしいものです。
どんなものを贈れば良いのか分からない場合は、鍋やフライパンなどのキッチン雑貨やおしゃれなインテリア雑貨、ペアのルームウェア、パジャマなども喜ばれます。

商品の特徴・テイストで選ぶ

商品の特徴・テイストで選ぶ

予算で選ぶ

予算で選ぶ

ページの先頭へ